プロフィール

@あしがら

Author:@あしがら

「アットあしがら」と読んでください。 新しく、あしがら地域を視野に入れた「市民政治グループ」です。 政治団体登録をしていますので、政治団体でもあります。 私たちは、市民が政治に参加をすることで この地域の実情に合わせたまちづくりをしていこうと考えています。 行政や政治家がつくる政策を待っているのではなく、 個人が感じている「生きづらさ」や、暮らしの中での課題を 自分から発信し、同じように考える仲間と集い、 いっしょに考えたり、意見を交換したりしながら 「どうしたら解決できるか」を市民から提案し、 政治を使って解決していく。 そんな「市民自治」を進めていく政治団体です。 連絡先は以下のアドレスから送信下さい。
Mail: info@at-ashigara.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

Twitter

検索フォーム

リンク

ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
1157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
510位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

bless you

@あしがら運営委員を務めながら按摩マッサージ指圧鍼灸師の学校に通っていますしゅんすけです。

今日はこれまでと趣向を変えた健康についてのお話。

猛暑日が続き、各地で熱射病で病院に運ばれる人が増えています。
水分補給、室温管理、休養などの対策が呼びかけられています。
ただ、「呼吸と姿勢」が体調に大きく影響することを意識する人は少ないのではないでしょうか?

東洋医学では「呼吸器」が水分を循環させ、熱を冷ます作用に関わりが深いとされています。
では、いっぱい息を吸って吐いていればOKかといえば、そういう訳ではありません。
重要なのは「上手に呼吸できているか」です。

解剖学的に呼吸は鼻から肺に入って血液と混ざり、全身に巡っていくものです。
でも、多くの現代人(特に日本人)は口で呼吸しています。
口に入れたものはお腹に入ります。
つまりそれは「消化器」です。
当然、そこは食べ物しか吸収できません。
循環が滞り、熱もこもって、免疫も下がります。
これは半分は例え話ですが科学的な話でもあります。

では鼻で深く呼吸すればいいのでしょうか?
やってみましょう。

しかし、鼻で深く呼吸すると、お腹や首や背中が力んでしまう人、息苦しい人、いると思います。
その理由は姿勢の悪さに起因しています。
例えば、背中が丸まりアゴが上がったような姿勢だと、気道が狭くなり息が通りにくくなってしまいます。
更に、その姿勢では肺を膨らませる運動にも対応できないので無理にお腹を使ってしまいます。
すると、鼻呼吸でもやっぱり上手に呼吸できないんですね。

姿勢の悪い人、最近増えています。
それだけ体温調節が上手にできない人が多いということ。

美しい姿勢は無理のない生き方(息方)ができる姿勢。
それを維持していくことが4000年前から引き継がれる東洋医学の智慧なのです。

皆様、お身体には上手に気を配っていきましょう。

コメント

呼吸と姿勢

勉強になりました。有難うございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atashigara.blog69.fc2.com/tb.php/80-6d36ba38

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。