プロフィール

@あしがら

Author:@あしがら

「アットあしがら」と読んでください。 新しく、あしがら地域を視野に入れた「市民政治グループ」です。 政治団体登録をしていますので、政治団体でもあります。 私たちは、市民が政治に参加をすることで この地域の実情に合わせたまちづくりをしていこうと考えています。 行政や政治家がつくる政策を待っているのではなく、 個人が感じている「生きづらさ」や、暮らしの中での課題を 自分から発信し、同じように考える仲間と集い、 いっしょに考えたり、意見を交換したりしながら 「どうしたら解決できるか」を市民から提案し、 政治を使って解決していく。 そんな「市民自治」を進めていく政治団体です。 連絡先は以下のアドレスから送信下さい。
Mail: info@at-ashigara.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

Twitter

検索フォーム

リンク

ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
977位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
426位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回ピースツアー!

「@あしがら」では、小田原市に最も近い原発である浜岡原発を見に行くツアーを予定しています。


 ご存知のように、福島原発事故のあと、菅前首相の判断で、浜岡原発は停止しています。

浜岡原発は、2年後の再開をめざして、原発と海岸との間に堤防を建設などをしていますが、この所、周辺自治体でいろいろな動きがでています。

隣接する牧の原市長や市議会が、浜岡原発の永久停止を求める決議や意思表明をおこない、焼津市長も、同様の表明をだしました。

背景には、福島原発事故の影響が、首都圏にも大きく広がってきている現状や、企業が原発周辺の立地を危ぶんで移転を検討するなどの動きもでているからです。

小田原市でもセシウムが検出され、さらには学校の堆肥やミニホットスポットなどの調査も始まり、放射能のへの影響が深刻化しています。

こんな厄介なものをこれ以上降らされたら、私たちの暮らしそのものが根底から崩壊してしまいます。

とにかく、元から絶たなきゃダメ!

九州の玄海原発が再稼動をしてしまいました。


 @あしがらでは、5月に浜岡原発問題で本も出している古長谷三島市議のお話を聞く会を開き、予想される大震災の震源の上にある浜岡原発がいかに危険な原発であるかが分かりました。

このことは、小田原に住む私たちにとっても他人事ではありません。


是非現地に一緒にいきませんか?


●12月11日(日)朝9時頃、マイクロバスで小田原を出発予定。

昼をはさんで、原発敷地内にある電力PR館から全体を俯瞰し、その後、堤防の建

設現場や、浜岡原発がたっている非常に脆いと言われている岩盤を実際に見ること

のできる地点にも行きます。


●現地での案内は、牧の原市議会の大石議員にお願いしています。

小田原帰着は、夕方5時ころを予定しています。


●費用は、参加者数にもよりますが、4000円前後(往復の交通費分)を見込んで

います。


●参加希望の方、また、お問い合わせは、@あしがら事務所あてに連絡ください。
info@at-ashigara.com

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atashigara.blog69.fc2.com/tb.php/46-2851a41a

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。