プロフィール

@あしがら

Author:@あしがら

「アットあしがら」と読んでください。 新しく、あしがら地域を視野に入れた「市民政治グループ」です。 政治団体登録をしていますので、政治団体でもあります。 私たちは、市民が政治に参加をすることで この地域の実情に合わせたまちづくりをしていこうと考えています。 行政や政治家がつくる政策を待っているのではなく、 個人が感じている「生きづらさ」や、暮らしの中での課題を 自分から発信し、同じように考える仲間と集い、 いっしょに考えたり、意見を交換したりしながら 「どうしたら解決できるか」を市民から提案し、 政治を使って解決していく。 そんな「市民自治」を進めていく政治団体です。 連絡先は以下のアドレスから送信下さい。
Mail: info@at-ashigara.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

Twitter

検索フォーム

リンク

ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
1443位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
613位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「原発震災とどう向き合うか?~浜岡原発の現場からの警鐘~」

浜岡

「浜岡原発」で営業運転中の二つの原子炉の運転一時停止が決定しました。ここ数日以内に、浜岡のすべての原子炉は停止します。わが国の原発産業はじまって以来の大事件です。この原発は開発以前から、活断層の危険が指摘されていたにも拘らず、操業を開始した「世界一危険」とさえ言われて来た原発でした。1号機2号機は既に廃炉が決定していますが、3号機(点検終了後の7月再開を計画していた)4号機、5号機は今日も運転中です。

浜岡マップ

講師・古長谷稔氏さんは、長年にわたり浜岡原発の危険性を指摘し、「原発震災」とどう向き合うかを訴え続けて来られています。ぜひ、みなさんと一緒に「原発」がかかえている大きな問題にどう対処すべきか、考えてみましょう。

「原発震災とどう向き合うか?~浜岡原発の現場からの警鐘~」
講 師:古長谷稔氏(「原発震災をふせぐ全国署名連絡会」事務局長『放射能で首都圏消滅』著者)
日 時:5月29日(日)午後2時~
場 所:「市民政治団体@あしがら」事務所(小田原市城山1-6-33 0465-34-2834)
問合せ:檜山(090-4415-1839)
皆さんのご参加を、お待ちしております。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atashigara.blog69.fc2.com/tb.php/34-c4cceddf

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。