プロフィール

@あしがら

Author:@あしがら

「アットあしがら」と読んでください。 新しく、あしがら地域を視野に入れた「市民政治グループ」です。 政治団体登録をしていますので、政治団体でもあります。 私たちは、市民が政治に参加をすることで この地域の実情に合わせたまちづくりをしていこうと考えています。 行政や政治家がつくる政策を待っているのではなく、 個人が感じている「生きづらさ」や、暮らしの中での課題を 自分から発信し、同じように考える仲間と集い、 いっしょに考えたり、意見を交換したりしながら 「どうしたら解決できるか」を市民から提案し、 政治を使って解決していく。 そんな「市民自治」を進めていく政治団体です。 連絡先は以下のアドレスから送信下さい。
Mail: info@at-ashigara.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

Twitter

検索フォーム

リンク

ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
977位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
426位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年総会&政治サロン終了

先週、3月31日に2013年の総会&政治サロンが開催されました。

総会に出席されなかった会員には後日資料をお送りさせて頂きます。

政治サロンでは南相馬市から市議の平田武氏おお招きしての講演会は現場にいる人間だからこそ話せるリアルな実情を語ってくれました。

福島県内はまだほとんど鉄道が復旧していない状況。
朝の平田氏は朝の7時に家を出て、福島まで車で行ってから新幹線で小田原までお越しになって頂きました。

その日の話の中で一番印象的だったのが、災害現場からの警戒区域の境界線が地域に関係なく直線距離のみで区切られているという事。
隣同士の家であっても一方は補助金で生活できても、一方は補助金が打ち切りとなって未だ生活が困難でも働かざるを得ないという現状がある。
補助金が打ち切りになっている地域であっても、放射線量の測定上は危険地域であることは変わりません。
もちろん、それが逆であっても問題です。
地域ごとの実情を考慮して考えるべきところを、全て地図上の都合だけで割り切られてしまっている。

普段テレビで報道されている話題からは気付けない問題にはっとさせられました。

(しゅんすけ)

ひらたぎいん






コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atashigara.blog69.fc2.com/tb.php/113-3bf05972

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。