プロフィール

@あしがら

Author:@あしがら

「アットあしがら」と読んでください。 新しく、あしがら地域を視野に入れた「市民政治グループ」です。 政治団体登録をしていますので、政治団体でもあります。 私たちは、市民が政治に参加をすることで この地域の実情に合わせたまちづくりをしていこうと考えています。 行政や政治家がつくる政策を待っているのではなく、 個人が感じている「生きづらさ」や、暮らしの中での課題を 自分から発信し、同じように考える仲間と集い、 いっしょに考えたり、意見を交換したりしながら 「どうしたら解決できるか」を市民から提案し、 政治を使って解決していく。 そんな「市民自治」を進めていく政治団体です。 連絡先は以下のアドレスから送信下さい。
Mail: info@at-ashigara.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

Twitter

検索フォーム

リンク

ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
1443位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
613位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普通の人々の普通の暮らし   空とコムローイ

最近見たドキュメンタリー映画から。
「空とコムローイ」という2009年の作品。私はこの映画を小田原で上映するための実行委員になっているので、全く公平無私な立場とはいいがたい。むしろ@あしがらの運営委員という立場を利用して、この場を映画の宣伝に使おうという不埒な考えで書いている。だから肯定的な部分は少し割り引いてもらいたい。尤もプロの批評家の方がそういう意味ではるかににひどいんじゃないかと思うけど。

なぜ、いまこの映画を上映したいのか。実際に映画を見るまでは、代表の佐々木さんに頼まれたから、まあ、ほどほど協力するよ。という程度だったのが、試写の後では何かこの映画がかわいくなってしまって、すきになってしまったのだ。もちろん、監督の人柄とか、アカ族の刺繍とか、周辺情報も大きな要素だけど、なにより映画そのものが気に入ったのだ。

冒頭、百日草が咲き乱れる庭で戯れる子供たちの映像で映画は始まる。ナレーターでもある監督が子供に尋ねる、花はタイ語ではなんというの?

ここはタイ最北部のコンティップ村、少数民族アカ族の人たちが子供たちを預けているカトリックの施設である。なぜ彼らが子供を預けなくてはならないのか?映画の中では多くは語られないが、少数民族に対する差別や貧困により、子供を育てることができない人々が多くいる。主人公の「ファ(空)」の母親ユイはHIVを患っており、ここに預けていた2歳のファを残して亡くなる。この施設のペンサ神父は、あえて死の床にあるユイにファを会わせなかった。なぜならファの記憶に、母親ユイの美しい笑顔を残したかったから。想像するに、ペンサ神父はは今までに何度もこういう場面に立ち会ってきている。病み衰えた母の姿の中に威厳(dignity)を見いだすことは、2歳のファにはむりだろう。そういう判断だろうと思う。

威厳(dignity)、一般には個人の尊厳という訳がなされている。この言葉は神父が何度か言及している。この施設を出たこどもたちが売春の道に入ってしまうことについて、かれらに自らの尊厳とは何であるか伝えきれなかったと悲しげに語る姿が印象的だった。まるで、自ら育てた雛が巣立ちの日に蛇の餌食になってしまったかのように。

この映画の中ではいわゆる貧困をイメージさせるような映像は出てこない。むしろ田舎のゆったりした静謐なくらしが淡々と描かれる。清貧とは彼らのこういうくらしぶりなのだと納得させられてしまう。しかしそれが、修道会およびキリスト教が内包している清貧と同一かどうかはわからない。すくなくとも、私は彼ら普通の人々の普通の暮らしの美しさに引き込まれた。彼らは、エアコンがないと生きていけないとか、原発が必要とか考えもしない。それを、発展途上国の辺境にいるからということで差別的に扱うことなく、オルタナティブ(別の選択)として自分の思考のすみに置いておきたい。

個人の尊厳 これを法的に表すと以下のようになる

第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。

新政権は改憲案の中でこの条文を削除する方針らしい。


(記事作成 加門史裕)




kom

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atashigara.blog69.fc2.com/tb.php/105-6c3b1b54

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。