プロフィール

@あしがら

Author:@あしがら

「アットあしがら」と読んでください。 新しく、あしがら地域を視野に入れた「市民政治グループ」です。 政治団体登録をしていますので、政治団体でもあります。 私たちは、市民が政治に参加をすることで この地域の実情に合わせたまちづくりをしていこうと考えています。 行政や政治家がつくる政策を待っているのではなく、 個人が感じている「生きづらさ」や、暮らしの中での課題を 自分から発信し、同じように考える仲間と集い、 いっしょに考えたり、意見を交換したりしながら 「どうしたら解決できるか」を市民から提案し、 政治を使って解決していく。 そんな「市民自治」を進めていく政治団体です。 連絡先は以下のアドレスから送信下さい。
Mail: info@at-ashigara.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

Twitter

検索フォーム

リンク

ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
1157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
510位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サロンのお客様。

今日サロンに立ち寄って下さった方がいました。
長い間、小学校の国語の教師をしていたSさんです。
教師を卒業した後、今はその経験を生かして、現役の教師の指導をしています。
20年30年前と同じやり方の授業や、子ども達と向き合わずに、アイテムを揃えるだけで満足している現状には、疑問をもっています。
 
教師の喜びや醍醐味を味わって欲しい。
しかし、講座を開いても、なかなか広がって行かず、継続して勉強して行こうとする若手教師が少ないのが悩みとか。
教育現場は、日本の、世界の明日を決める大事な場です。
その現場での豊富な経験は、とても貴重です。
それを個人で終わらせず、次世代へ伝えて行くことが、文化を育てるということだと思います。
 
Sさんの教育に対する情熱は、すばらしいと思いました。
きっと若い先生達にも伝わると思います。

先生の先生! これからもがんばって下さい!

               くぅ

コメント

No title

「先生の先生」ですか。素敵ですね!

学校に求めることって、なんでしょうね。
私は、子どもが毎日通って、いろんな友達や先生と、喧嘩したり、遊んだりしながら、人と人との関わりを学んでほしいなと思います。
それから、学校の先生には、とにかく、子どもが好きで、子どもの気持ちに寄り添えて、基本的なことがきちんと教えられれば、それ以上は特に望んでいないんです。

でも、そんな当たり前のことも、実際にはなかなか難しいなあと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atashigara.blog69.fc2.com/tb.php/10-b1fce6b8

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。