プロフィール

@あしがら

Author:@あしがら

「アットあしがら」と読んでください。 新しく、あしがら地域を視野に入れた「市民政治グループ」です。 政治団体登録をしていますので、政治団体でもあります。 私たちは、市民が政治に参加をすることで この地域の実情に合わせたまちづくりをしていこうと考えています。 行政や政治家がつくる政策を待っているのではなく、 個人が感じている「生きづらさ」や、暮らしの中での課題を 自分から発信し、同じように考える仲間と集い、 いっしょに考えたり、意見を交換したりしながら 「どうしたら解決できるか」を市民から提案し、 政治を使って解決していく。 そんな「市民自治」を進めていく政治団体です。 連絡先は以下のアドレスから送信下さい。
Mail: info@at-ashigara.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

Twitter

検索フォーム

リンク

ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
1659位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
718位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄ピースツアー報告会6月8日

昨日、@あしがら運営委員会が行われました。

5月に開催される沖縄ピースツアーの報告会の予定が決まりましたのでお知らせします。

日時:6月8日(土)14:00
場所:小田原市民会館5階 第1会議室(定員32名)

@あしがらでは、参加者を中心に沖縄の勉強会なども開催し、意識を高め合っております。
スライドショーなども用意する予定なので、沖縄の景色も楽しんで頂きたいと思います。
是非、ご参加下さい。

今回の運営委員会は@あしがら会員から傍聴者3名参加して頂き、賑やかな会となりました。
運営委員のKさんから、前日に農の会で積んだばかりのお茶と、お茶請けに自家製の甘納豆の差し入れです。
傍聴に来て頂いたOさんに美味しく煎れて頂きました。
同じく、傍聴に来て頂いた会員のKさんからもお菓子の差し入れ頂きました。
毎回の運営委員会のお楽しみです。
ありがとうございます。PA0_0048.jpg
PA0_0047.jpg
スポンサーサイト

生と死の祭典

先週の土曜日、東京の東中野にイベントに行ってきました。

福島泰樹×ドリアン助川×月乃光司ジョイント朗読会 inポレポレ坐 ~死と生の祭典~

トークゲストに精神科医の香山リカさん、アーバンギャルドボーカル浜崎容子さん、女優の東ちずるさんなど、層々たるメンバーが集結しました。

主催者の月乃光司さんは地元の新潟で「こわれ者の祭典」として病気の体験をパフォーマンスとして発表しています。
自身のアルコール中毒や引き篭もりや精神科病棟への入院の体験をオリジナルの詩にして絶叫朗読というスタイルで全国各地で活動されています。
いじめや生きづらさ、自殺に悩む人にも共感できる内容で観る人に生きる希望をあたえています。

東ちずるさんは、そんな月乃さんの書いた本に書評を書いたことが縁となり共演に至ったそうです。
自身の父親をアルコール中毒でなくしている東さんからは、月乃さんの存在は希望だと言います。

香山リカさんはメディアでも多く取り上げられる精神科医ですが、月乃さんのイベントには度々共演しています。

他に、個人的に気になった参加者はドリアン助川さんです。
ドリアンさんは私が中学校時代に、深夜ラジオのパーソナリティーをしていました。
「10台の心の叫びをラジオで伝えてくれ」という趣旨の内容に、多くの迷い、悩める若者が勇気づけられました。
一貫して話を聞く大人の姿勢に、私も大きな影響を受けました。

イベントは最初の一時間は全員が、ぞれぞれの死生観について話し合いました。
一人ひとりから違う角度からの意見が飛び交い、有意義な内容でした。

福島さんは東京新聞で「追憶の風景」と題して震災で亡くなられた方を記録しているそうです。
そうすることで、一人ひとりの死の意味に向き合っています。

それに対して香山さんは「そこにすら光の当たらない死があるという事も忘れてはいけない」と発言します。
香山さんの発言は常に陽の当たらない陰の部分に着目している印象を受け、そこに私も共鳴します

また、阪神大震災を経験した浜崎さんは、後悔しない生き方をしたいと発言すれば
東ちずるさんは自身の経験から、悔しい事も、悲しい事も、目一杯噛みしめて、その人の人生は誰と比べることもできないものなんだと勇気づけていました。

ドリアンさんは現在のライフワークでもあるハンセン病の被害者の話に触れれば
東ちずるさんは自身が出逢った白血病の患者の話をし
香山リカさんは亡くなられた患者の話をする

生と死についてリアルな体験と向き合った時間になりました。

お話会の後は出演者の詩の朗読。
そのどれもが生と死をテーマにしたものでありながら、決して暗い印象ばかりではなく、そこに生の希望が見出される内容でした。

現在は人間の生と死の概念が薄くなっているように感じます。

死はただの数字ではありません。死はただの言葉ではありません。

ひとつひとつの生が掛け替えのない存在であることを感じ、認知する必要があると思います。

シムラ シュンスケ

2013年総会&政治サロン終了

先週、3月31日に2013年の総会&政治サロンが開催されました。

総会に出席されなかった会員には後日資料をお送りさせて頂きます。

政治サロンでは南相馬市から市議の平田武氏おお招きしての講演会は現場にいる人間だからこそ話せるリアルな実情を語ってくれました。

福島県内はまだほとんど鉄道が復旧していない状況。
朝の平田氏は朝の7時に家を出て、福島まで車で行ってから新幹線で小田原までお越しになって頂きました。

その日の話の中で一番印象的だったのが、災害現場からの警戒区域の境界線が地域に関係なく直線距離のみで区切られているという事。
隣同士の家であっても一方は補助金で生活できても、一方は補助金が打ち切りとなって未だ生活が困難でも働かざるを得ないという現状がある。
補助金が打ち切りになっている地域であっても、放射線量の測定上は危険地域であることは変わりません。
もちろん、それが逆であっても問題です。
地域ごとの実情を考慮して考えるべきところを、全て地図上の都合だけで割り切られてしまっている。

普段テレビで報道されている話題からは気付けない問題にはっとさせられました。

(しゅんすけ)

ひらたぎいん






 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。