プロフィール

@あしがら

Author:@あしがら

「アットあしがら」と読んでください。 新しく、あしがら地域を視野に入れた「市民政治グループ」です。 政治団体登録をしていますので、政治団体でもあります。 私たちは、市民が政治に参加をすることで この地域の実情に合わせたまちづくりをしていこうと考えています。 行政や政治家がつくる政策を待っているのではなく、 個人が感じている「生きづらさ」や、暮らしの中での課題を 自分から発信し、同じように考える仲間と集い、 いっしょに考えたり、意見を交換したりしながら 「どうしたら解決できるか」を市民から提案し、 政治を使って解決していく。 そんな「市民自治」を進めていく政治団体です。 連絡先は以下のアドレスから送信下さい。
Mail: info@at-ashigara.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

Twitter

検索フォーム

リンク

ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
1053位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
466位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白いバラについて考える。

安倍晋三次期首相(ひげなしアドルフ)が、赤いバラの列を前にだらしなくにやけているのを見て私はレジスタンスとかパルチザンという言葉を、続いて2005年のドイツ映画「白バラの祈り-ゾフィー・ショル、最期の日々-」を思い出しました。ビラを撒いただけで処刑された反ナチ活動家の学生をあつかった映画です。私も不勉強でこの映画を見るまでショル兄妹のことは知りませんでした。主演のユリア・イェンチの凛とした美しさだけでなく、ナチ政権下の司法の役割というものが何であったのか、よく描写していました。ファシストの暴力に対して司法は、市民を守るどころかナチの法的な後ろ盾として積極的に協力していたのです。

今回の選挙の結果をうけて、様々な言説がネット空間で流通していますが、印象的だったのは「アナログに負けた」という言葉です。自民党の圧勝予想ははマスコミの捏造だとか、ネット上での調査では未来が第2位の支持率だとか。国民の80パーセントは脱原発だ。そういうのはすべてデジタルなヴァーチャルな空間での話に過ぎず、実際に紙に鉛筆で書かれた投票用紙の束が示した結果とは完全に乖離しているのです。もちろん、小選挙区制度とか、投票率とか多くの要因はありますが、これでファシストは合法的に多数を得て、次の参議院選でもこの勢いを落とす事がなければ、いよいよ憲法改悪でしょう。揺り戻し?楽観的すぎます。

1940年代、レジスタンスは地下活動として組織され、彼らは命がけで地下室の輪転機をまわしたのです。今の人たちが、twitterやfacebookで気楽に投稿するのとは訳が違います。ビラ一枚刷るのも配るのも命がけです。70年前、この国ではファシズムに対して組織的な抵抗はできませんでした。今度は違うと断言できるでしょうか。すでに米国ではテロとの戦いの名のもとにネットワークの監視技術は想像を超えて進んでいます。自由なデジタル空間なんて幻想である事は間もなくあきらかになるでしょう。その時私たちがレジスタンス、あるいはパルチザンを組織するなら、情報の伝達は、 それこそオフグリッドになるかもしれません。ビラの制作は 謄写版とわら半紙です。

(記事作成 加門史裕)

SophieScholl.jpg
スポンサーサイト

最後かもしれない首相官邸前抗議行動

総選挙の投票日2日前、いわゆる官邸前金曜デモに参加してきました。例によって成り行き任せの行き当たりばったりですから、プラカードも何もなくてあるのは怒りと絶望だけ。

18時半少し前、溜池山王の駅を出た時から今までとの違いははっきりしてました。格段に人が少なく、六本木通りの内閣府下交差点から首相官邸正面へ続く坂道も難なく通ることが出来ました。ここのところ、警察の通行規制でほとんど通れなかったのです。歩道を自由に往来する権利を我々はいつの間に失ったのでしょうか。もっとも、この国では基本的人権の廃止を公約にしている政党が支持率トップなのだからそのくらい当たり前か。

地下鉄出口から次々にデモ参加者がでてきます。もちろん、打楽器やプラカードを持って一目でデモ参加者とわかる人もいれば、そうでない普通の勤め人あるいは、肉体労働者風の人も。警察官が地下鉄の出口で、誘導します。「デモ参加の方はこちらです」デモじゃないんだけどな。地下鉄に乗ろうとする人には、「こちらは出口専用です。あちらの入り口から入ってください」「どっから乗ろうと勝手だろ」と食ってかかる人はほとんどいません。何の混雑もしていないのに警官は勝手に一方通行を作ったりして市民をコントロールします。牧羊犬と羊。

19時からスピーチが始まりました。杉並区から立候補した山本太郎、都知事候補宇都宮健児、印象に残ったのは「原発大国フランスから来ました」といってたひと。「今度の選挙は世界が注目してるんですよ。原発推進派が勝ったら50基の原発すべて再稼働なんですよ。」この発言に主催者はビビって公職選挙法がどうとか言い訳してたけど、まさにそのとおりなのだ。憲法を変えようって言う連中のことだ、道交法の改正なんてものの数分で済まして路上で声を上げてはいけないとかプラカードを持って歩いてはいけないとか。
路上での抗議活動ができるのはもしかするとこれが最後なのかも。この人たちはそういう危機感を持ってるんだろか。見納めかと思って出かけてきたけれど微妙にそういう切迫感はありませんでした。杞憂であればいいんですが。

その後、首相官邸を後にして永田町の極右政党の本部に行って抗議活動に参加してきました。こちらの人数は100名ほどでしょうか。麹町中学裏のバス停留所から30メートル道路の反対側の党本部に向かってシュプレヒコールを繰り返してきました。「原発反対!再稼働反対!浜岡廃炉!玄海廃炉!もんじゅも廃炉!大間つくるな!東通り作るな!上関つくるな!」でかでかと「日本を取り戻す」と書かれた街宣車が党本部に戻ってくると、さらにボルテージがあがって、「おまえらに日本はわたさないぞ!くたばれファシスト」などと罵声を浴びせました。彼らは車の中でせせら笑うでしょう。ああいうのを負け犬の遠吠えっていうんだとか。

これからしばらく、暗い時代にはいるかもしれません。有権者が間違った選択をしそうな気がしてなりません。そして、しばらくの間そのつけを払わなくてはならないのです。それはこの国の1.5兆ドルといわれる借金よりもはるかにおおきなものにつくかもしれません。みんな、その覚悟はできているのか?

(記事作成 加門史裕)

投票日直前だったので、アップロードせずにfacebookで限定公開してた文章です。転載しました。
それにしても恐れていた通りの結果になりました。この国はどうなったしまうんだろう。


kanteiStill.jpg

nagata.jpg

たまるか2

衆議院選挙立候補者からの回答

慌ただしく「選挙戦」が始まりましたが、私たち@あしがらでも、立候補予定者のお考えを聞きしようと、11月26日に急遽アンケートへの協力をお願いしました。回答締め切りを12月1日としましたところ、4人の予定者の方から回答がありました。回答受理順に前文を掲載いたします。

露木順一氏(原発の再稼働をするか?)「安全性の徹底的再検証が必要。脱原発を方針決定するのが先.それまでは再稼働はあり得ない」(消費税の増税をするか?)「デフレ脱却先決。大規模災害への闘士などで、日本の国土再生をすべき」(TPP協議へ参加するか?)「日本の農林業を破壊する可能性あり。参加はできない」(憲法の改定をするか)「9条は改定なし。国と地方の関係改める必要あり」
井上よしゆき氏(原発の再稼働をするか?)「脱原発を目指す。みんなの党は、新エネルギー開発や国よる電力自由化による原発ゼロを目指すことです」(消費税の増税をするか?)「みんなの党は、『増税の前にやるべきことがある』と訴えております。今回の増税は凍結すべきです」(TPP協議へ参加するか?)「交渉に参加して攻めの開国を!!」(憲法の改定をするか)「9条を含め部分改正を」
横田英司氏(原発の再稼働をするか?)「安全な原発などない。即時原発ゼロにすることが国民的要請であり、再稼働せず廃炉手続に入る」(消費税の増税をするか?)「消費増税は、低所得者や中小業者の暮しと営業を破壊し、デフレ不況を深刻化し財政を破綻させる。増税するなら、応能負担の原則に基づき、大企業、富裕層への優遇税制の抜本的見直しで。」(TPP協議へ参加するか?)「例外なき関税ゼロと非関税障壁の撤廃が進められれば、米国のルールに従わされ、農林水産業の壊滅、食の安全が守られず、国民皆保険などの公的医療の後退等々、経済主権が脅かされ、国の仕組み、社会制度が壊される」(憲法の改定をするか)今、憲法に関して求められるのは、民主的な条項を積極的に活かしていくことであり、改定ではない。集団的自衛権の行使を可能とする憲法解釈の見直しを含め、憲法9条の改定については、欧米と共に他国と戦争する、侵略することであり許されない」(その他のコメント)財界中心、利潤第一の社会を変えたい。人間を大切にする経済ルールを作り、雇用が守られ人間らしく働き、生きられる社会、中小企業と大企業の間で、公正な取引が行われる、そういう社会に変えていきたい』
牧島かれん氏(原発の再稼働をするか?)「原発廃止の道筋について、国民議論を活性化させると同時に、自然生成エネルギーなどの安定供給、、蓄電池の技術革新に重点投資し、エネルギーのべストミックスを作り出していきます』(消費税の増税をするか?)「中福祉・中負担の維持のためには必要だが、時期については景気の動向によっては先送りすべき。(TPP協議へ参加するか?)「例外ない関税撤廃」を前提とする交渉に参加には反対。情報不足により国民的議論が深まっていない」(憲法の改定をするか)「自民党の綱領でもあり、真に国家を守れる法整備が必要」
神山洋介氏―無回答
(転記責任は松本茂)

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。