プロフィール

@あしがら

Author:@あしがら

「アットあしがら」と読んでください。 新しく、あしがら地域を視野に入れた「市民政治グループ」です。 政治団体登録をしていますので、政治団体でもあります。 私たちは、市民が政治に参加をすることで この地域の実情に合わせたまちづくりをしていこうと考えています。 行政や政治家がつくる政策を待っているのではなく、 個人が感じている「生きづらさ」や、暮らしの中での課題を 自分から発信し、同じように考える仲間と集い、 いっしょに考えたり、意見を交換したりしながら 「どうしたら解決できるか」を市民から提案し、 政治を使って解決していく。 そんな「市民自治」を進めていく政治団体です。 連絡先は以下のアドレスから送信下さい。
Mail: info@at-ashigara.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

Twitter

検索フォーム

リンク

ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
1659位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
718位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【終了】第2回@あしがら総会&政治サロン【報告】

7月22日(日)
第2回@あしがら総会&政治サロン
無事終了しました。

運営委員はこの日に向けて一ヵ月間、毎週のように集まり、活動を振り返るだけでなく、今後の活動の発展に向けた議論を交わしました。
今年は311のピースパレードや選挙などが立て込み例年より遅い開催となりましたが、昨年度の活動のまとめ、
運営方針や予算の提案、会則の変更、役員の改選と、新たな一歩に邁進する準備を整えました.

今回重要な決定事項のひとつとして、今まで第一連絡所としていた鴨宮の佐々木ナオミ事務所の閉鎖に伴い、小田原郵便局前の宇佐美ライブラリー(旧サロン隣)を新たに第一連絡所とすることに決定しました。
新たな連絡所には以前の記事で紹介しました看板を目印として貼らせて頂こうと思います。
8月中に引っ越しをする予定でいますので、その時に改めて詳細をご報告させて頂きます。

今回、これまで顔合わせの機会の少なかった人にも沢山ご参加頂き、また新たに入会して下さった有志にもめぐり合いました。
今後も@あしがらを通じて市民活動が広げていければ本望です。


同時開催の政治サロンでは加藤憲一市長をお招きして小田原のエネルギー、そして原発についての意見をお話して頂きました。
723

まず焦点となったのは今年4月に旗揚げされ、話題となった『脱原発首長会議の活動』(http://mayors.npfree.jp/)に自らの意思で参加した経緯と、その方針として2つのスローガンを明言しました。
1.新しい原発はつくらない
2.今ある原発を0にする

そして政策の具体案に『地域主導再生可能エネルギー事業化業務』として、まずは太陽光発電、続いて小水力発電を進めていくことを挙げました。

しかし、前半30分のフリートークでは全体的に煮え切らない話に後半、質疑応答が数多く寄せられました
@あしがら運営委員からは脱原発に向けた抗議文の全文の公開を求める声が上がりまたHPの更新を進めていくようにも求めました。
瓦礫の受け入れについての質問も上がり、ゴミ処理委の現状から出来ないというはっきりとした回答でした。
しかし、なおも市民の意識に低さに不安を訴える参加者もいました。
しかし、辛辣な意見ながらも加藤市長の脱原発に向けた活動を後押しする意義のある会合となったと感じます。

【文責:志村】

@あしがら会員のtakeさんのブログでも記事にして頂きました。
http://take1960jan.blog81.fc2.com/blog-entry-2551.html
スポンサーサイト

【告知】@あしがら総会&政治サロン【同時開催】

【告知】@あしがら総会&政治サロン

第2回 @あしがら総会 を開催いたします。平成23年度の活動のまとめと今後の運営方針や予算について提案し、皆さまと話し合いたいと思いますので、是非ご参加下さい。

同時開催の政治サロンでは加藤憲一市長をお招きして『脱原発首長会議の活動』についてお話して頂きます。
前半30分は加藤市長のフリートーク、後半30分はエネルギー問題に関する質疑応答の予定。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
◆日時  平成23年7月22日(日) 
1.総会    午後1:00~2:00
2.政治サロン 午後2:00~3:00
◆場所  かふぇ・えりむ
◆参加費 会員無料(非会員は500円 )
◆連絡先 080-5484-1634(佐々木)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
erimu

連絡所看板その2

やはり、きういののほうが、みなさんお好きなようで。こちらでいきましょうか。

キャラクターには名前が必要です。みなさんもかんがえてくださいね。呼びやすくてかわいい名前。

思いつくまま列挙します。

アーチー キュータン ウィータン ウィッキー(これはWikipediaのことかな)アシモフ(有名作家だし)アシリン(塩基?)キウィッチ(うさびっちみたい)




連絡所看板

@あしがらの総会は明日です。連絡所の看板をつくることなり、デザイン試作中です。
この絵は#1で第1連絡所です。第2連絡所には#2がふられます。連絡所が9カ所以上になったらまた少しデザインをかえましょうかね。

(記事作成 加門史裕)


7.16 さよなら原発17万人集会

酷暑の中、行ってまいりました。こんな暑い日に、こんなにも熱い気持ちの人たちがいっぱい集まっていました。いつもは各種団体のノボリを見ると無党派の私としてはやや気が引けたりもするのですが、この日ばかりは人がいっぱいいるという事が、勇気を奮い立たせてくれるようにおもわれました。それに、私たちは「原発いらないよね」の猫の旗を持ってるし、勝手ながら足柄地区代表なわけです。

35度を超えるかという猛暑、旗もあるし荷物が多いのでクルマで行きましたが、かなり離れたところに駐車するはめに。ところが、駐車場のそばに素敵なパン屋さんとカフェをみつけて、涼むことが出来ました。かなり有名なお店で普段は込みあってなかなかはいれないのだとか。有名店にもかかわらず、店員の方もとても気さくな方で、行きと帰りに重い背に立ち寄ったので「いってらっしゃい」「おかえりなさい」とか言われてしまいました。ちなみにお店は富ヶ谷ルヴァンというところです。




どこに行っても、猫の旗は大人気で、猫バッジも完売しました。バッジ売りの議員2名。ありがとうございました。

バッジ売り

みどりの党の後に続こうと思ったのですが、公園を出ようとしたところで立ち往生。あまりに人が多くて出発できません。結局、待っていられず私たちは「猫の旗でアピールしたし、引き上げよう」とか言って歩かずに帰ってきてしました。軟弱のそしりをまぬがれられない、足柄代表でありました。

(記事作成 加門史裕)

thum3.jpg




首相官邸前 抗議行動 7/13

私の職場から地下鉄で6駅なので、ひさしぶりに金曜日の抗議行動に行ってきました。前回はすごい人数で官邸を囲むことが出来ましたが、今回はそうはいきませんでした。

報道にもあるように警察が本腰を入れて規制しはじめたのです。市民がプラカードを持って歩道を歩く。そういう当たり前の表現の自由が踏みにじられています。事実上の道路封鎖です。

demo.jpg


私は、財務省上という交差点に押込められてずっとそこで定点観測していたのですが、はじめのうち、多くの警官が持つメガホンの声に群衆の声はかき消されていました。ところが、一人の女性が果敢にも警察官の前に歩み寄って大声で「再稼働反対」を叫び始めました。すると、周囲の人々も精一杯の大声を出しはじめ、ついには声によって警官隊を圧倒することになりました。有象無象の群衆がひとつになった一瞬でした。

call.jpg


歩道は厳しく規制されて入るものの、車道を走る車や自転車までにはおよんでいません。多くの自動車、バイク、自転車が「no nukes」「原発反対」などの手作りプラカードをくくりつけたりして、応援してくれてました。これは初めて見る光景でした。通常は町中のデモなんかではほとんど路上の人々は見て見ぬふりです。ごくまれに手を振ってくれる人もいますが。
次回は私も自転車か自動車を派手に飾り立てて参加してみようかと思いました。

(記事作成 加門史裕)


bike.jpg

小田原市議会が「議会基本条例市民フォラム」を開催!!

議会基本条例フォラム
 小田原市議会主催で「市民フォラム」を開催します。この6月定例会から「議案ごと議員ごとの賛否」が一覧表で提示されるようになりました。嬉しいことです。時間はかなりかかりましたが、議会基本条例制定のためでしょうか、こんな市民フォラムを主催するようになったこと、高く評価したいですね。
 2006年12月議会に「小田原市議会基本条例の制定についての請願書」を提出してから、5年半ほど経ちますがやっと熟してきたのでしょうか。このときの誓願は、各会派を回って「誓願紹介者」になっていただくお願いをしましたが、「進友会(当時の最大会派)」控え室ではある議員から「すぐ出ていけ」と怒鳴られました。結局紹介者は檜山智子議員1名だけでした。それでも裁決では8議員の賛成を受けて不採択とされました。「12月15日の市議会と市長の答弁」と「議会改革の請願」という2006年12月の松本茂のブログで当時の状況が読み取れます。「議会改革」このときの誓願は、各会派を回って「誓願紹介者」になっていただくお願いをしましたが、「進友会(当時の最大会派)」控え室ではある議員から「すぐ出てくれ」と怒鳴られました。結局紹介者は檜山智子議員(当時)1名だけでした。それでも裁決では8議員の賛成、20議員のお反対で不採択とされました。
 小田原市議会とはずいぶん永く傍聴や陳情で付き合ってきましたが、いまだに「違和感」が拭えません。地方議会制度からの縛りがあるのかも知れませんが、「市民が主役」なんて絵空事かと思うような議会規則に振り回されているとしか考えられません。議員も番号で呼ばれなければならないなど噴飯ものです。議員さんも良く辛抱していますね。
 フォラムの日、7月29日は大切な先約がありますが、涙を拭って参加することとします。
(記事作成 松本茂)

ラストスパート 静岡県民投票

静岡県で、浜岡原発の再稼働の是非を県民投票で決めようと言う直接請求の運動が行われています。三島でのキックオフイベントに参加したのは4ヶ月前。ちっとも手伝うことが出来なくて申し訳なく思っていたのですが、清水町の柿田川(湧水で全国的に有名です)で署名活動をやるというので、応援に行きました。

署名数の状況は客観的にはかなり厳しいのですが、現地のスタッフによるとなんとか法定署名数には届くであろうということでした。

浜岡原発と言えば、私は参加していませんが昨年の@あしがらのピースツアーで訪れた、小田原から最も近い原発です。しかも、東海地震震源地と目される地域のすぐ近くの砂の上にたてられた、私に言わせれば時限原子爆弾みたいな存在です。

もしも静岡でこの運動が失敗に終わるとその影響は全国に波及するのではないかと私は心配しています。ぜひとも法定数に達して条例制定につなげてもらいたいと思っています。

badge

例によって、バッジを買ってもらって(まだ機械のお金が回収できてません)スタッフに付けてもらいました。

(記事作成 加門史裕)


署名ブース


街宣

今夜のお菓子

今夜は運営委員会ですので、首相官邸前には行きません。地元優先です。
大飯原発は発電を開始しました。関西電力は胸をなでおろしているでしょう。これで大飯原発という巨大設備が不良債権化せずにすむわけですから。どんなリスクがあろうとも、事故が起きるまで動いてさえいればいいんです。

ところで、私は旗を持って走り回ってばかりいるのではなくて、お菓子なんかも作るわけですが、今夜のお菓子はベネチアの郷土菓子ザレッティ(Zaletti)です。食べるのも作るのもはじめてですが、素朴な田舎っぽい駄菓子です。ただ、ちょっと手に入りにくい材料を使うのでなかなか作る機会がなかったのです。とくにグラッパというイタリアのブランデーは普通の酒屋にはなくて、たまたま丸の内成城石井の棚のすみっこでほこりをかぶっていたのをみつけたので買ってみました。グラッパというのは、ぶどうの搾りかすから作るブランデーだそうです。樽で熟成しないので色は透明ですが、強い葡萄の香りがします。ただ、焼いてしまうと香りはほとんど飛んでしまいます。みなさん気に入ってくれるといいんですが。

(記事作成 国府津 山猫軒)

このレシピで作ったわけではないんですが、写真がとてもよいのでごらんください。
ザレッティのレシピ


雨の新宿「原発やめろ ノダやめろデモ」7/1

この日は横浜のデモにも誘われていたのですが、結局新宿へ行く事になりました。猫の旗を前日にリニューアルして、もともとの「原発いらないよね」の裏にはりつけました。

nekofalg2

曇りの予想が大雨に。防水加工のためのラッカースプレーもむなしく猫たちは溶け落ちそうです。

この日のデモは昨年の6月以降、全国に名を馳せたいわゆる「お祭り系デモ」の元祖「素人の乱」松本哉氏らのグループが企画したものです。私(1960年)よりも上の世代の方々からは批判もされているようですが、私自身はこういうスタイルがしっくりきます。

時間通りに新宿中央公園に集まったのは1000人ほどでしょうか。町中を練り歩くうちに徐々に参加者の数がふくれあがり、最終的には3000人くらいになったようです。

家族連れの参加者も多く、微笑ましい親子の姿を見かけたので撮影しました。

thum.jpg


私の考えでは、反原発の運動の主役になるべきなのはおとなではなく、むしろ子供たちです。未来は彼らの物ですし、おとなの私たちは彼らの未来を台無しにしないために何をすべきなのかよく考えなくてはいけません。

(記事作成 加門史裕)


 ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。