プロフィール

@あしがら

Author:@あしがら

「アットあしがら」と読んでください。 新しく、あしがら地域を視野に入れた「市民政治グループ」です。 政治団体登録をしていますので、政治団体でもあります。 私たちは、市民が政治に参加をすることで この地域の実情に合わせたまちづくりをしていこうと考えています。 行政や政治家がつくる政策を待っているのではなく、 個人が感じている「生きづらさ」や、暮らしの中での課題を 自分から発信し、同じように考える仲間と集い、 いっしょに考えたり、意見を交換したりしながら 「どうしたら解決できるか」を市民から提案し、 政治を使って解決していく。 そんな「市民自治」を進めていく政治団体です。 連絡先は以下のアドレスから送信下さい。
Mail: info@at-ashigara.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

Twitter

検索フォーム

リンク

ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
1053位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
466位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画紹介「ニッポンの嘘ー報道写真家 福島菊次郎90歳」

映画「ミツバチの羽音と地球の回転」の上映会をあしがらが、若い有志のみなさんと協力してひらいたのは一昨年の11月でした。

鎌仲ひとみ監督が山口県上関町・祝島の人々の営みと、原発を建設しようとする中国電力とのせめぎあいを追ったドキュメンタリーです。

この上映からまさか4ヵ月後に、原子力発電所が爆発し、生き物の生命を脅かす惨事がおきるとは予想もしませんでした。
いまもってこの映画は、この国の推進してきた道筋を警告していたのだと感じます。
自らの無知、無関心に気づくと同時に、また祝島の人々の30年にもわたる闘いが尊いものだったかに気づかされるのです。


この祝島に原発建設の話が持ち上がる前から島の写真を撮り続け、
戦後の広島、また震災後の福島を追う写真家、福島菊次郎さん90歳の映画が8月公開されます。
タイトルは「ニッポンの嘘ー報道写真家 福島菊次郎90歳」です。


福島菊次郎さんは
山口県下松市出身です。
66年前、二等兵だった福島さんは原爆投下のわずか1週間前、「自殺部隊要員」として
広島から九州に送られ、蛸壺のような穴の中で敗戦を迎えます。

広島に戻ると原隊は全滅していました。

福島さんはその後写真家を志し1951年から被爆者の取材にとりかかります。

出版された写真集「ピカドン ある原爆被災者の記録」は、六人の子どもを抱えた中村杉松さんの壮絶な日々を克明に写し出しました。
杉松さんの遺言「仇をとってくれ」の言葉を胸に、杉松さんの死後もさまざまな「ニッポンの嘘」を追い続けます。


全共闘、東大闘争、三里塚、水俣、日本の軍需産業そして祝島・・・様々な学生運動や事件、公害問題を撮りつづけ、
時には暴漢に襲われたり家が焼かれたりした福島さんですが
90歳になった現在、まだまだ死ねないと、原発震災後の福島にもカメラを持って向かいました。


この映画はそんな福島さんの思いをとらえて、観る人に訴えかけるでしょう。

映画ホームページはhttp://www.bitters.co.jp/nipponnouso/です。
どうぞみなさま、お出かけください。

(うろこ玉)
スポンサーサイト

小田原市議会6月定例会

kanagawa_shinbun
 小田原市議会2012年度6月定例会一般質問3日目の佐々木ナオミ議員の質問への市長、執行部の答弁などが報道されました。さきの3月定例会では、「原子力発電に頼らない社会の実現に向けた決議」が2議員の反対のみで成立し、『浜岡原子力発電所について、安全性が確保されない限り運転停止の継続を求めます』とされました。
 佐々木議員の質問は、議会の決議に関わって、小田原市長の意思表明を求めたものと思われます。小田原市長は浜岡原発について「最悪のケースを検討に加えておく必要がある」と答弁していますし、大飯原発の再稼働決定については「誠に遺憾」と答えられたようです。
 脱原発をめざす首長会議の立ち上げに当たって、呼びかけ人の一人として立ち上がった小田原市長には、速やかに「小田原市脱原発宣言」を闡明していただき、「脱原発先進都市」の一角を占めたいものです。
(記事作成 松本茂)

「第四の革命」上映会

6月20日、小田原商工会議所で「第四の革命」という映画の上映会がありました。

当日、商工会議所の前に緑色のスポーツカーが止まっていて、それは一部で有名なテスラーの電気自動車でした。私は実物を見たのは初めてで、お値段1400万円だそうです。私のチョロQ熊猫号の11倍ですか。

肝心の映画ですが、ドイツ本国で2010年公開ですから、福島の事故は織り込まれていません。従って内容的にやや古い感じは否めません。逆に言うと2011年をさかいに世界はこんなにも変わってしまったのだという事を痛感させられます。映画は再生可能エネルギーを軸に電力生産のオルタナティブを模索する人たちの活動を淡々と追って行く物で、印象的だったのはバングラディシュのグラミン銀行がソーラ発電のプロジェクトを手がけているという話でした。女性たちがソーラー発電の仕組みについて一生懸命学び、インバーターなど部品を組み立てている姿がすてきでした。

全体の印象としては主催者である「エネ経」(エネルギー問題を考える経営者ネットワーク会議)などの考え方にはマッチする内容でしょうが、私にはどうしても違和感が残ります。

エネルギー問題を経済合理性の問題に帰着させることになるのでは?ということです。3.11以降明らかになった事の一つは、原発を推進して来た人たちの原動力は経済合理性ではないという事です。

(記事作成 加門史裕)

オフィシャルサイトはこちら
http://www.4revo.org/

logo.jpg

茅ヶ崎お散歩デモ

茅ヶ崎お散歩デモに行ってきました。午後4時中央公園集合で、4時半から一時間ほど市内を歩きました。参加者39名。今までで一番多いそうです。このお散歩デモというのは、無届けで歩道を普通に歩く、文字通り散歩なのですが、各自プラカード等持ち寄って、見た目は全く普通の示威活動(デモンストレーション)です。ただ、シュプレヒコールは自粛していておとなしくお互いにおしゃべりしながら、歩いてる訳です。中心メンバーの岡本さんの、「しなやかに、でもしたたかに。」という言葉が印象的でした。ただ、告知がweb とtwitterですので、地元よりも神奈川全域からの参加ということで、地域密着という感じはしません。小田原でもやってみますかね。ちなみに私は「原発いらないよね」の猫の旗をもっていきました。大きいし、子供に人気があります。出がけに慌ててバッジも作って持って行き、一ダースほど売ってきました。バッジマシンの代金を回収したいので。

(記事作成 加門史裕)
iranaiyone.jpg

首相官邸前 抗議行動

昨日、首相官邸前での大飯原発再稼働に対する抗議行動で4.4万人が集結したとの報道がありました。

私は、昨夜は行けませんでしたが、前の週には現地に行ってみました。主催する「首都圏反原発連合」は、ここのところ毎週のようにここで抗議行動を展開しています。幅1.5メートルほどの歩道に一列に並ばされて、まるでアリの行列のような状態です。

世界の多くの国では、広場を埋め尽くす大群衆として、抗議行動が報道されています。この国ではそれが歩道に並ぶ蟻の行列なのです。無届けでやるにはこの方法しかないとの事です。

私たちの再稼働反対を叫ぶ声が夜の溜池にこだまします。来週は10万人が目標との事ですが、蟻の行列は六本木まで届くのでしょうか?

(記事作成 加門史裕)

小水力エネルギー見学記

6月10日、あしがらの有志メンバーで、久野と荻窪の境にある辻村農園さん敷地内にある大正期に作られた小水力発電の遺跡を訪ねました。
その報告は、訪問した個人Blogのほうに詳細が記されています。
が、この週末のタウンニュースさんが記事として載せてくれました。皆様には一足早くご報告をさせていただきます。

20120622-01
(画像上でクリックをすると大きくなります)

半分は雑道・林道として使用されているものの、残りの半分は辻村氏の敷地内を同社の管理人さんの越地様のご案内で歩きました。
おりしも前日の雨のあとのピーカンの天気。空気はおいしく、緑は目に美しかったですが、慣れない山道でかなり汗をかきました。

しかし、今ほどの測量道具、また工事道具を持たない中、これだけの大工事をしたことは本当に驚きとともに、100年前から自然エネルギーを利用することを事業として考えている小田原人を誇りに思います。
あしがらでは、年に数度のツアーを含めるピースイベントを計画しておりますし、今後も続けていきます。
原発の事故、再稼働問題を受けて、特に今年はこのテーマに準じたイベントを計画したいと思います。そしてその情報は順次このBlogでもご案内、ご報告してまいります。楽しみながら共に学ぶ仲間いつでも大募集です。(イシイ)

「さようなら原発1000万人署名」

「さようなら原発1000万人署名」に賛同した神奈川県選出民主党議員は、6月15日現在太字の方、たった5人だけです。他の方20人は、まだ署名なさっていません。署名していただけるようお願いしましょう。

神奈川県選出 民主党衆議院議員
 1区 中林美恵子(なかばやし みえこ)小選挙区   衆1-616号室 電話3581-5111 FAX3508-3616
 2区 三村和也( みむら かずや)比例復活      衆2-738号室 電話3508-7488 FAX3508-3368
 3区 岡本英子( おかもと えいこ)小選挙区     衆1-615号室 電話3508-7185 FAX3508-3615
 4区 長島一由( ながしま かずよし)小選挙区    衆2-704号室 電話3508-7454 FAX3508-3284
 5区 田中慶秋( たなか けいしゅう)小選挙区    衆2-422号室 電話3508-7422 FAX3508-8822
 6区 池田元久(いけだ もとひさ)小選挙区     衆1-631号室 電話3508-7391 FAX3508-3631
 7区 首藤信彦( すとう のぶひこ)小選挙区     衆1-223号室 電話3508-7135 FAX3508-3435
 8区 山崎誠( やまざき まこと)比例復活     衆2-741号室 電話3508-7741 FAX3508-3061
 9区 笠浩史( りゅう ひろふみ)小選挙区      衆1-420号室 電話3508-7120 FAX3508-7120
10区 城島光力( じょうじま こうりき)小選挙区   衆1-241号室 電話3508-7712 FAX3508-3241
12区 中塚一宏( なかつか いっこう)小選挙区    衆2-708号室 電話3508-7458 FAX3508-3288
13区 橘秀徳( たちばな ひでのり)小選挙区     衆2-626号室 電話3508-7626 FAX3508-3256
14区 本村賢太郎( もとむら けんたろう)小選挙区  衆2-710号室 電話3508-7460 FAX3508-3290
15区 勝又恒一郎( かつまた こういちろう)比例復活 衆1-202号室 電話3508-7202 FAX3508-3202
16区 後藤祐一( ごとう ゆういち)小選挙区    衆2-532号室 電話3508-7092 FAX3508-3962
17区 神山洋介( かみやま ようすけ)小選挙区    衆1-320号室 電話3508-7493 FAX3508-3320
18区 樋高剛( ひだか たけし)小選挙区       衆1-604号室 電話3508-7174 FAX3508-3604
比例区 藤井裕久( ふじい ひろひさ)南関東比例    衆1-427号室 電話3508-7127 FAX3508-3427
比例区 水野智彦( みずの ともひこ)南関東比例    衆1-523号室 電話3508-7253 FAX3508-3523
比例区 斎藤勁( さいとう つよし)南関東比例    衆1-321号室 電話3508-7706 FAX3508-3321
比例区 相原史乃( あいはら しの)南関東比例     衆1-305号室 電話3508-7305 FAX3508-3305

神奈川県選出 民主党参議院議員
選挙区 牧山ひろえ(まきやま ひろえ)神奈川県    参-217号室 電話3508-8217 FAX5512-2217
選挙区 水戸将史(みと まさし)神奈川県       参-607号室 電話3508-8607 FAX5512-2607
選挙区 金子洋一(かねこ よういち)神奈川県     参-523号室 電話3508-8523 FAX5512-2523
比例区 ツルネンマルテイ(つるねん まるてい)    参-235号室 電話3508-8235 FAX5512-2235
(記事作成 松本茂)

今日のおやつ(^_^)/

あしがらの運営会議が今日も開催されました。
ここ数週間続けて行われるのは、市議補欠選挙が終わり、あしがらの総会を開かなければいけないからです。
まじめな会議の合間は、Kamonさん手作りのケーキでティータイム。

20120617-01

こうしたおいしいケーキがあれば、難しい会議も楽しくなるというもの。
総会への準備は着々と進んでおります。

(イシイ)

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。