プロフィール

@あしがら

Author:@あしがら

「アットあしがら」と読んでください。 新しく、あしがら地域を視野に入れた「市民政治グループ」です。 政治団体登録をしていますので、政治団体でもあります。 私たちは、市民が政治に参加をすることで この地域の実情に合わせたまちづくりをしていこうと考えています。 行政や政治家がつくる政策を待っているのではなく、 個人が感じている「生きづらさ」や、暮らしの中での課題を 自分から発信し、同じように考える仲間と集い、 いっしょに考えたり、意見を交換したりしながら 「どうしたら解決できるか」を市民から提案し、 政治を使って解決していく。 そんな「市民自治」を進めていく政治団体です。 連絡先は以下のアドレスから送信下さい。
Mail: info@at-ashigara.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

Twitter

検索フォーム

リンク

ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
1004位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
438位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝島trip 報告会.

祝島報告会
11月に開催した映画「ミツバチの羽音と地球の回転」の上映会の後、みなさまから頂いた参加費の一部と寄付金を持って@あしがらの会員でもある根本さんが祝島を訪ねる旅をしてきました。

その報告会を2月19日に開催しました。
会場となったニコカフェは昔ながらの木造建築を改装して作られた趣きのある空間です。


ご厚意で貸し切りにして頂いたお店の2階は部屋いっぱいに人が集まりました。

旅の写真をスライドショーに映しながら根本さんが祝島の観光ガイドをしていきます。

まず最初の写真は船から祝島を移した写真。
島からはかなり距離があるように見えますが埋め立て予定地としてブイが建てられているのがわかり、いかに島から離れた広範囲に渡って埋め立てが行われようとしているのかが想像出来ます。

島に到着すると、のどかな街並みが映し出されます。
その家家を隔てる塀は石が無数に埋め込まれた特徴的な建築様式で、練塀、ねりべいと言います。
その景色だけでも美術的な独特の文化を感じさせます。

民宿では手書きのメニューでその日捕れた旬の魚がもてなされます。
アットホームな空気が伝わってきます。
島では人々の暮らしそのものが感じられ、それが何よりの観光の見所のようにも感じられました。

さらに驚くほどの広大な石積みの棚田がそびえ立つ景色などが見られ祝島がいかに貴重な文化を残している島であるかを再認識させられます。

旅の最後には氏本農園さんの、可愛い豚が写し出されます。
来場された方々もここ一番の盛り上がり。

その豚が生まれてから出荷されるまでの記録を写した写真家那須圭子さんのポストカードはどこかドラマチックで惹きつけられました。

現在祝島では子どもが少なく、唯一の小学校は全校生徒が4人、内3人は兄弟という状況だそうです。
しかし、原発の問題などから少しずつ若い人も集まって来て、中には小田原から祝島に移り住んできた人とも遭遇しました。

祝島では現在も様々な問題が日々ニュースにあがてきます。
26日現在も中国電力による強行工事がすすんでいます。

今回の報告会を機に私たちに何ができるか、常々意識し続けていたいと思いました。

そして、それまで生物多様性の島として独特の生態系が見られることくらいしか理解できていなかった祝島の様々な魅力を再認識できたと思います。

次は是非、自分自身で、この祝島を体験したいと思いました。
スポンサーサイト

祝島報告会大盛況でした

昨日、祝島報告会が終了しました。
会場いっぱいに人が集まり大盛況のイベントとなりました。
参加下さった方々に感謝いたします。
詳しくは改めてレポートできればと思います。

◎ 祝島trip 報告会 ◎ 主催:@あしがら

◎ 祝島trip 報告会 ◎ 主催:@あしがら

 11月に開催した、映画「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会の後、みなさまからい
ただいた参加費の一部と寄付金を持って、映画の舞台となった祝島を訪ねる旅をして
きました。
その簡単な報告と、旅写真のスライドショーを行いたいと思います。
原発問題に揺れる島は、実際にどんなところなのでしょう?
お菓子やお茶をいただきながらのんびりと、生の声を通して島の暮らしを感じてくだ
さい。

日時:2011年2月19日(土曜) 17:30~19:30頃
場所:nico cafe 2F (小田原市栄町2-15-26 国際通り沿い)
参加費:500円(ソフトドリンクのみ放題)
お惣菜やお菓子のご用意もございます。お酒も少しご用意できるかもしれません。
予約・問い合わせ・・@あしがら34-2834

上映会に来てくれた方でも、旅好きな方でも、どなたでもご自由にご参加ください!

第5回政治サロン 加藤市長にに聞く

第5回政治サロン 加藤市長に聞く

 第5回政治サロン 開催概要報告
「自治基本条例の制定について小田原市長加藤憲一氏に聞く」
 1月30日に行われた政治サロンは20名ほどの参加でしたが、熱心な論議がなされました。
 今回のテーマの自治基本条例は、地方自治体の憲法制定のような大切なものだと一般的には考えられていますが、検討委員会ではそのような立場は取らないということで進んだようです。昨年10月にはパブリックコメントも実施されましたが、未だにその集計結果は公開されていません。2月中旬ころ、市議会の3月定例会(2月16日開会)への「議案上程」にあわせて発表するのだそうです。
 第5回政治サロンは、11月に行われた政治サロンでの問題点などを示して、加藤市長を交えて議論を戦わせました。
 冒頭に、加藤市長からは『小田原が有する豊富な資源を掬い上げて、やっと骨組みの姿が見えてきたところだ。これからの肉付けをしっかりやって行く。自治基本条例も不十分であるかもしれないが、市民協働のスタートとして見て欲しい』との発言がありました。
 参加者からは、最初に、検討委員会が、委員長の『先進事例を決して見ないで進めよう。全く独自の小田原案を作ろう』という指導で、昨年9月までの1年間に28回もの委員会を開催したことに、なんとも不可解な検討委員会だという声がでました。
特に、今回の自治基本条例(素案)に書かれている「自治会」が明記されていることについては、かなりの論議が続きました。最初に、自治会という「任意の人格なき社団」である地縁団体を、地域活動の中心とすると小田原市の基本条例に定めることへの疑問が提起されました。自治会については、このサロン参加のみなさんもさまざまな形でその活動に加わられていますので、きわめて具体的な話題となり、自治会にかかわるいろいろなエピソードも飛び出しました。また、加藤憲一氏の提起した「地域運営協議会」「地域担当職員制度」などが未だ稼働していないので、現状の自治会は単なる市行政の下請け機関になっているなど、さまざまな状況なども発言されました。
 各自治会によって、それぞれ独自の性格がある状況で、どういった自治会であるべきかは、各自治会が組織ごとに会員が議論をして、規約などによって決めていけばよいことです。それは、自治会に限らず、子ども会やPTAなどの他の地域活動団体であっても、市民団体であっても、同じことです。それを市の条例で定める必要性に疑問の声が上がりました。 
 行政情報についても、もっと積極的な公開を定めることが大切ではないか。この素案では、きわめて曖昧な表現で、不十分な定めになっている。見直しして欲しい。市民が行政所有の膨大な情報に接することが、市民参画、協働の必要条件だ。そんな声も続きました。
 加藤市長からは、パブコメでも様々な意見をいただいているので、見直しなども適正な手続きで進むものと思う。3月議会には提案したい。そんなお話でした。
また、質問コーナーでは、加藤市長のリーダーシップに関わることなどの発言などもあり、既に3年の期間が過ぎたが、「新しい小田原」の姿が見えない、何をしているのだろうか、セレモニーばかりやっていないで、行政の指揮をしっかりやってほしい、ゼロベースで委員会に投げかけるということばかりではなく、市長の指針をしっかり示してほしい。そんな声が続きました。植栽管理計画への「運用指針」などの事例も紹介されました。競輪事業の段階的撤退についても、なんら検討がされていないのはどうしたことかとの疑問も出されました。このことについては市長より『今年度は競輪開催自治体の議長市でもあり取り上げられなかったが、検討を考えたい』との答えがありました。
 さまざまな苦言などがありましたが、最後には、市民派の市長として、多くの方が加藤市長に大きな期待をしている、是非がんばって欲しい、という意見が出さ れ、加藤市長からは、『今日は厳しい意見が出されると覚悟してきたが、皆さんに励まされた』と喜びの言葉も出ました。 市長とひざを交えてざっくばらんにじっくりと議論する場を、今後も作っていきましょう!と約束をして、会は閉じました。

小田原市自治基本条例(素案)北海道福島町まちづくり基本条例をご一読ください。

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。