プロフィール

@あしがら

Author:@あしがら

「アットあしがら」と読んでください。 新しく、あしがら地域を視野に入れた「市民政治グループ」です。 政治団体登録をしていますので、政治団体でもあります。 私たちは、市民が政治に参加をすることで この地域の実情に合わせたまちづくりをしていこうと考えています。 行政や政治家がつくる政策を待っているのではなく、 個人が感じている「生きづらさ」や、暮らしの中での課題を 自分から発信し、同じように考える仲間と集い、 いっしょに考えたり、意見を交換したりしながら 「どうしたら解決できるか」を市民から提案し、 政治を使って解決していく。 そんな「市民自治」を進めていく政治団体です。 連絡先は以下のアドレスから送信下さい。
Mail: info@at-ashigara.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

Twitter

検索フォーム

リンク

ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
1659位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
718位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あごら に参加します

20141124-01

11月24日(祝) 教会のイヴェントあごらに参加します。
あしがらでは、この夏に伺った相馬・南相馬の報告パネル展と南相馬の物品販売,、メンバー仲間のワンコインマッサージのお店を出店します。

お時間がありましたら是非お立ち寄りください。

場所は、小田原市栄町4-9-43です。

(文責:Take)  
スポンサーサイト

原発ゼロをよろこぶ会

20140915-01
(画面上でクリックすると大きくなります)

原発ゼロの毎日を過ごして早1年、僕らの生活は何の支障もなく過ごす事が出来ました。
そして、福島を中心とした“3・12”事件で被害を被ったところの対応は遅れに遅れています。
昨日、この事故に起因して亡くなった方の責任を問う裁判がなされ、全面的に東電の非が認められました。

そうした中、原発ゼロを共に歓ぼうと上記企画を立てました。どうぞご関心のある方はお集まりください。
なお、勝手ながら軽食の用意等がございますので予約制です。ポスター中の幹事2名いずれかにご連絡ください。(文責:Take)

福島(相馬・南相馬)フィールドワーク報告会

20140727-01
(画面上でクリックすると大きくなります)

上記報告会を開催する運びとなりました。

日にちは、7月27日(日) 18:30-
場所は、川東タウンセンター・マロニエ 203号室
      (小田原市中里273−6)
です。
45人定員の部屋になります。
左ツールバー プロフィールの一番下にありますメールアドレス宛てにご予約下さい。 
 (文責:Take)

ピースイベントin福島

前述でも記しまた通り、福島県相馬・南相馬の現状を見に行こうと思います。
「せっかくだらもう一日見て回りたい」「 近隣のエリアも見たい 」という声にも対応するため、今回は『コアタイム』だけのツー募集とさせて頂きます。

≪スケジュール≫
7月5日(土) 11:00 JR 福島 駅出発 → 12:30 相馬着(はらがま倶楽部での昼食と周辺視察)→ 14:30発 → 15:00 南相馬市 着(宿周辺視察と市民交流)
7月6日(日) 9:00ホテル出発 → 10:00 南相馬市小高地区「浮き船の里あすなろ交流館」着 (市民交流&地区内視察&昼食 12:30 出発 → 14:30福島駅到着 解散

≪参加費用≫
① 福島 駅発着の交通費(ガソリン代・レタカーなど) は、参加人数により変動しますので未定
② 宿泊代( 宿泊代(ホテルは現在手配中) 7000円をめどに検討中。
③ 食事 代各自支払いになります。
*福島駅までの経費 各自負担

≪主な訪問地について≫
相馬市の「 相馬市の「はらがま倶楽部」は仮設住宅の中にあり、小田原の木材支援で作られた食堂兼集会場
また南相馬市の「浮き船の里」はそのらがま倶楽部に触発されたおかぁさん たちが立上げたNPOの拠点です。 二宮尊徳の縁でつながった2町交流を通し、支援の形そて望まれる関係性を見聞きします。
また「浮き船の里」は、現状生活できるエリアとしてはかなり原発に近い南相馬市小高区にあります。放射線汚染の実態と風評・翻弄現状を見てきたいもです。簡易測定器で実測もしてみたいと思っおります。

≪応募締切≫
5月16日(金) 必着で 担当(take-etu[at]nifty.com) [at]は@に変換してくださいまでご連絡ください。

なお、スケジュールは現段階の予定で、急な変更があるかもしれません。ご了承ください)

文責:Take

講演会のお知らせ

「震災から3年それからの飯館村の報告」と題し、日本大学生物資源科学部研究員の浦上健司さんのお話を聞く講演会を企画しました。
震災から3年今も現地では厳しい状況が続いています。
浦上さんは、震災前から飯館村で活動されて、今も地域に根差した支援活動を続けられています。現地の生々しい状況をうかがう貴重な機会です。ぜひ、ご参加ください。

●日にち 2014年3月16日(日)
●会場 かふぇ・えりむ (小田原市城山1-6-18 小田原クリスチャンセンター1F)
●講演会開始 3:00~
●参加費 会員無料、会員外500円


講師紹介
浦上健司(うらがみけんじ)
日本大学生物資源科学部研究員。NPOエコロジー・アーキスケープ副事務局長。学生時代に福島県飯舘村に滞在しながら、人間生活と周辺環境との関係性について研究。その後、地域プランナーとして同村の村づくりに関与し、自然エネルギー地産地消システムの構築に携わる。3.11後は、飯舘村後方支援チームの一員として3月23日に入村し、メディアリリース用のレポートづくり等に従事。同村の全村避難後は村民の避難生活充実や、村民による生活再建案の検討にかかる支援を手がけている。

ピースイヴェントのお誘い

20131102-01(画像上でクリックすると大きくなります)

あしがらでは、上記のようなピースイヴェントを実施いたします。
フィールドワークは、実際自分の五感で体験して考えをまとめることのできる大切な機会です、是非ご参加ください。
なお、上の原っぱへのアクセスが良くないことから、今回は小田原駅からレンタカーで全行程廻ります。そのため、人数に制限をもうけさせていただきますので、お早めにエントリーください。

(文責:Take) 

小田原教会「あごら」に参加しました

アゴラ(αγορά):古代ギリシアの都市国家ポリスにおいて不可欠な場所である広場を指すギリシア語です。そこは、ソクラテス、プラトン、アリストテレスらが、哲学について、社会について、人生について意見を交わした場所です。

この世の中においても、あしがらの政治サロンや運営会議の中でも現代の哲学や社会や人生論を楽しく肩ひじ張らずに語りあっていますが、日本キリスト教団小田原教会も同様な趣旨で、教会バザーを昇華させあごらと言う広場(空間)解放をしています。
そこには日ごろ教会以外で活動をしている方を始め、関連のある仲間たちが集まり、日常関心を持っている社会問題について発表し、また資金源に物品販売をさせてもらっています。

今年もあしがらでも参加いたしました。あいにくの雨天でしたがあしがらは室内イベントのみでしたので影響を受けませんでした。

まずは、今年のメインテーマ。3・11を受けての電力問題を考えるために10月20日に「オフグリッド・バスツアー」をいたしました。そのパネル展です。
見学に行った藤野電力さんから実物のソーラパネルもお借りして展示させてもらいましたが、やはり現物があると説明もしやすいですしご覧になられた方も理解しやすいかと思います。

20121123-13

20121123-12

もう一つはクイック整体です。鍼灸あんまマッサージ師の卵シュンスケさんが10分マッサージ店を出してくれました。

20121123-11

2時間の間11人の体をもみほぐしてくれましたが、これがまた大好評を博しました。

このほかにも教会と関連の御濠端幼稚園の保護者会さんがミニSLを走らせたり

20121123-14

いろいろなファストフードの販売もしていました。天気が芳しくないもので室内は熱気むんむん、みんな買ったものはこちらで食べられていました。

20121123-15

そのほかにもDVシェルター支援のメンバー、野鳥の会などなど多くのお店が参加されていてなかなか興味深かったです。

小田原教会「あごら」に参加します

20121116-01
(画像をクリックすると大きくなります)

昨年より小田原教会の「あごら」に参加しております。
「agora(アゴラ)」はギリシア語です。古代ギリシャの都市国家の公共広場。アクロポリスの麓(ふもと)にあって神殿・役所などの公共建築物に囲まれ、市民の集会や談論・裁判・交易などの場となった。
とされています。
教会員またはお交わりのある仲間が関わっている社会問題などのグループの「文化祭」みたいなものです。
ですから、報告を兼ねたパネル展があったり、模擬店があったり、また子どもから大人までが楽しめる演劇鑑賞(無料)というのが、若干ほかのバザーと違う点かもしれません。

今年は、“オフグリッドツアー”~“国府津電力”という流れの原発問題のパネル展(ソーラシステムの現品も藤野電力さんのご協力で展示予定)、毎回運営会議などで好評を博している“山猫軒”のスイーツ販売、鍼灸あんまマッサージの勉強をしているシュンスケさんのクイックマッサージなど、他のブースをしのぐ幅広さの店舗を出して盛り上げていこうと思っております。

23日はいろいろなイヴェントが小田原市内でもありますが、どうぞお時間を見つけて足を運んでいただければと思います。


大きな地図で見る

お問い合わせは、日本キリスト教団小田原教会 0465-22-2076 まで

ピースイベント・オフグリッドツアーPart2

昨日のオフグリッドツアーの中で、峯自然園さんが現在奮闘なさっているマイクロ水力発電の状況を見ながら、{(仮称)国府津電力」をはじめとする今後の話をする機会を持ちましょう、という話になりました。
それをうけまして
11月4日(日)に峯自然園さんを予約しましたので、過日のピースイベントのバスツアーに参加された方もされなかった方も、ともにBBQを食べながら、エネルギー問題の話や具体的な進め方の話をいたしましょう。

                            (以下、詳細決定のために11月2日修正)

                  記

日時:11月4日(日)12時30分集合・準備 13時スタート

場所:峯自然園  小田原市久野4600

費用:BBQ代2000円 なお、若干のソフトドリンクは持っていきますが、基本的にお飲み物はお持ちください。
ごみの処理費等200円を別途申し受けます。

食材人数を連絡する都合上、恐れ入りますが10月末日までに、あしがらまでお申し込みください。
画面右側のメールフォームが便利です。

オフグリッド(電線からの離脱)

かねてからご案内の通り、10月20日オフグリッドツアーに行ってまいりました。参加者は14名。晴天の行楽日和ともありバスの中から和気あいあいと。

コースは下記お誘いのチラシの通り、都留市から相模原市の旧藤野に向かい、2つの電力問題を考えている方々とお会いします。
都留は行政が・・・

20121020-02

藤野は市民力が・・・

20121020-04

それぞれの思いを持って、電気(エネルギー)を考えています。おもしろいのは大きさと費用は違えどもやっている(形状)のは同じということ。

それぞれお話を聞いて記念撮影。

20121020-01

20121020-03

楽しい1日を過ごすことができました。

詳細は、個人的な感想を含めて参加者各人がBlogを記すと思いますので、リンクを張りますので、そちらもご参照ください。(クリックするとリンク先に飛べます)

檜山智子さん
小笠原陶子さん
西湘STREAMさん
周縁自体(なんたろ日記)さん
Take:LOGOS

 ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。