プロフィール

@あしがら

Author:@あしがら

「アットあしがら」と読んでください。 新しく、あしがら地域を視野に入れた「市民政治グループ」です。 政治団体登録をしていますので、政治団体でもあります。 私たちは、市民が政治に参加をすることで この地域の実情に合わせたまちづくりをしていこうと考えています。 行政や政治家がつくる政策を待っているのではなく、 個人が感じている「生きづらさ」や、暮らしの中での課題を 自分から発信し、同じように考える仲間と集い、 いっしょに考えたり、意見を交換したりしながら 「どうしたら解決できるか」を市民から提案し、 政治を使って解決していく。 そんな「市民自治」を進めていく政治団体です。 連絡先は以下のアドレスから送信下さい。
Mail: info@at-ashigara.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

Twitter

検索フォーム

リンク

ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
977位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
426位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月乃光司氏講演会報告

遅ればせながら、12月21日に開催いたしました月乃光司さんの講演会の報告です。

講師の月乃光司さん元引き篭もり、醜顔恐怖症、アルコール依存症、自殺未遂などの経験を経て自身の体験をパフォーマンスとして発表されています。

テレビ、ラジオなどにも多数出演し、沢山の書籍も出版され、様々なイベントを企画されていますが、その多くの活動は行き辛さを抱える人たちを繋ぎ合わせるコンサルタントの役割に徹していることが多かったように思います。

そういう意味で月乃さん自身の体験を月乃さんの言葉で語って頂くのは貴重な機会だったように思います。


まず最初に自己紹介を兼ねての月乃さんの詩の朗読に始まりました。

本当にあった病気の話を真正面の言葉で真剣に語る朗読は月乃さんを初めて知る人の心にも強く響いたと思います。

そこから自身の生い立ちを話してくれました。

小学生時代はこれといって特別なこともなく過ごした月乃さん。

病気の発症は高校に入ってからだったと言います。

新しい環境の中で、他人の視線が気になり、自身の顔が酷く醜いと感じるようになり、次第に不登校になっていったそうです。

その後、精神科で診断された病名は醜顔恐怖症。

いわゆる強迫観念症の一種です。


それに至る生い立ちとして語っていた両親、特に父親についての話題について語っていたことは印象的でした。

「今では親を恨むような気持ちは無くなった。」語る月乃さんですが、その話しからも親からの影響を心理的に強く受けていたであろうことを感じさせられました。

それでも、両親に対し悪く言うようなことは一切なかった月乃さん。

自身に対する劣等感を克服するコツは、まずは他人を認めることだと語っていました。

それを習慣化することによって、その気持ちは自身に還って来るそうです。

今回の講演で月乃さんが病気の責任を誰かに転嫁したり、愚痴や悪口を言う様なこと一切ありませんでした。

何気ないことのようで、それは今回のイベントで素晴らしかったと感じたひとつでした。


そして、月乃さんが病気を克服したきっかけは自叙グループへの参加であったと伝えてくれました。

同じような病気や生き辛さを抱える人間同士が自身の体験を語る場ができることでガス抜きになる。

ただ話すということだけで多少なりとも楽になると言っていました。


その後の質疑応答では更に有意義な話題が掘り下げられていました。

地域などで新たに自叙グループの会を開催する際の注意点やアドバイスも頂きました。

また医療や薬、行政の役割などの話題にも少しだけ発展。

うつ病の自己経験談を話して頂いた会員もいました。

また夫婦間での付き合いなど、プライベートな悩みにまで話題は落とし込まれました。

また、最後に会員からの質問として、「当事者」という表現について、「対してそれ以外は傍観者でしかいられないのか?」という指摘が出ました。

それに対しては、当事者の行き辛さは共感しようにも絶対的には分かり得ないという前提を留意した上で、「重要なのは仲間意識だと思う」と仰っていたことが私には印象的でした。

精神病というと、どこか遠い世界の話、一般人には関係のない話のように思われがちですが、多かれ少なかれ誰しも悩みや行き辛さは持っているものです。

自殺という問題もまた、その延長であると思いました。


今回、質疑応答が多かった為に発言する時間が出来ませんでしたが、私自身も過去に友人が精神病の末に自殺未遂や、傷害事件を起したという経験があり、当人から相談を受けていたました。

私自身は彼(彼女)らと同じ病気の経験はありませんでしたが、それもきっと仲間意識によって越えられるものだと思います。

そのように人と人が繋がり合う、そういうきっかけが自然と出来るような社会になることが、自殺をなくす展望だと感じました。(しむら)






スポンサーサイト

こわれ者の祭典、月乃光司氏講演会

運営委員のしゅんすけです。

今年、最大の一押しイベントのお知らせです。

月乃光司氏講演会

ぼくが初めて月乃さんのパフォーマンスを目撃したのは5年前。

それはセルフストーリーオペラという形式で、月乃さんが自身の半生を朗読形式で発表するものでした。

醜形恐怖症、引き篭もり、アルコール依存症、自殺未遂・・・

弱さやコンプレックスを堂々とさらけ出すその姿は、生きることを全力で肯定し、生き辛さに悩む仲間に勇気を与える。

また、心身障がい者のパフォーマンス集団『こわれ者の祭典』の代表としても全国で活躍しています。

そんな月乃光司さんをお招きして、12月21日(土)に講演会を開催します。

きっと、明日を生きる糧となる一日となると思います。


◆日時:12月21日(土)夜6時半~
◆会場:マロニエ202号室
◆参加費:1000円

月乃光司(つきの こうじ)プロフィール
1965年生まれ。会社員、作家、詩人。心身障害者のパフォーマンス集団『こわれ者の
祭典』代表。小中学校といじめ被害体験を持つ。
高校入学時から対人恐怖症・醜形恐怖症により 不登校になる。引きこもり生活、通
算4年間を過ごす。
24歳よりアルコール依存症になる。自殺未遂、人格障害、アルコール依存症により新
潟市内の精神科病棟に3回入院。
27歳から酒を飲まない生活を続ける。自助グループ活動で社会的に回復する。現在は
会社員として働きながら執筆、イベント主催など様々な表現活動を行う。
平成14年、社会不安障害、統合失調症、うつ病等の当事者の仲間たちと、心身障害者
のパフォーマンス集団『こわれ者の祭典』を立ち上げる。
病気をあるがままに受け入れた体験談とユーモアを込めたパフォーマンスが大反響を
呼び、『こわれ者の祭典』代表として10年間に50回以上のイベント主催を行う。
NHK「福祉ネットワーク」で特集を組まれ、全国で公演中。2012年新潟日報文化賞
社会活動賞など受賞歴多数。

あごら2013

11月23日、小田原市栄町にある日本キリスト教団小田原教会(すぐそばにカトリック教会があるのでお間違えなく)において「あごら」が開催されます。

聞きなれない「アゴラ」と言う言葉はギリシア語で広場を意味します。

そう、ソクラテスやプラトン、アリストテレスなど哲学者が論議を繰り広げていた場所です。

広く自由に議論する場所にあやかって、教会バザーも「物を売る」だけの場所ではなく、社会的な問題に取り組んでいる人たちの情報交換の場であったり、そうしたグループの資金のためのバザーにしたいと2008年からそう名付けています。

@あしがらでも一昨年から参加しています。おととしは原発建設に揺れる祝島、昨年はオフグリッドを目指す藤野電力をパネル展で展示しました。

今年は春に行った沖縄の報告をパネル展で致します。また仲間の志村さんが生業のワンコインマッサージをします。

もちろん@あしがら以外の社会問題に取り組んでいるグループや小田原教会関連の御濠端幼稚園関係者も出店しています。

国際基督教大の演劇サークルも友情参加!!無料で見られます。

日程は、11月 23日(土・勤労感謝の日)午前 11時~午後 2時です。

※ただし、午前11時~12時は会堂でのミュージカル上演とし、販売開始時間については、午後12時からになります。どうぞお気軽にお越しください。

また、不明な点は小田原教会 0465-22-2076(シマかヒガシ)にお問い合わせください。

国政選挙の総括

参議院選挙を終えて~@あしがらの取り組みと全体の状況について~

 今回の参議院選挙では、@あしがらは、「脱原発」「憲法96条の改定を許さない」の2点を基準に、選挙区・比例区から5人を応援候補としました。その方々からのメッセージをHPにアップし、また『自民党の改憲草案を読み解く』をテーマに、元国立市長上原公子さんの講演会を開催しました。

選挙結果は、予想通りの自民党の独り勝ち。

応援候補の中では、唯一民主党の牧山弘恵氏が当選しましたが、民主党は、選挙後、原発再稼働推進派の幹事長が就任するなど、私たちの思いを託す政党としては不安な点があるのも否めません。

あらゆる面における自民党の暴走を牽制するために、私たち市民には重い責任が課せられました。

そんな中、注目すべき存在は、「緑の党」からの推薦を受け全国比例に立候補し落選したものの、17万票を獲
得した三宅洋平氏の善戦や、東京選挙区で当選した無所属の山本太郎氏の闘いでした。

ネットというツールも使い勇気をもって声を上げた若い世代の人たちの闘いや、地方議員も多く結集している政治団体「緑の党」の活動にも注目しつつ、私たちもあしがら地域に根を張った活動を進めていきます。

国政選挙に向けて追記

6月28日に掲載した@あしがらの国政選挙の候補予定の応援者から頂いたメッセージに民主党の牧山広恵さんのメッセージが新たに届きましたので追記いたします。

牧山弘恵(民主党)
このたびは、「市民政治グループ@あしがら」様の応援候補者として、ご紹介いた
だき、誠に有難うございます。自助の美名の元、自己責任、自分の身は自分で守れ、
という新自由主義的、弱者いじめの傾向を強める自民党の独走を、このまま参議院で
も許さず、憲法96条の改正に反対するため、全力で活動してまいります。よろしくお
願い申し上げます。

国政選挙に向けて

今回の参議院選挙において
@あしがらは、以下の2点を重要なポイントと考えています。
① 憲法改正の発議を国会が行う時の要件を3分の2の議員の賛成と定めている第96条の改定に反対すること。
② 脱原発の方向を明確に進めること。
そのポイントから、各政党の政策や姿勢をチェックした結果。以下の5人の候補予定者を@あしがら応援候補と致しました。
@あしがら応援候補(以下順不同)
【神奈川選挙区】民主党・牧山弘恵さん、みどりの風・露木順一さん、社会民主党・木村栄子さん、共産党・はたの君枝さん
【比例区】民主党・ツルネンマルティさん
※なお5人の方にはメッセージをお願い致しましたので、お寄せ頂いたものを掲載致します。


木村えい子(社会民主党)
私、木村えい子は、「脱原発安心の未来へギアチェンジ」をスローガンにかかげ、国民の間に拡がっている、憲法改悪への不安、放射能の不安、若者の雇用不安などを払拭するため、国民の声をしっかり受け止め、安心の道筋と未来像を示し、政府に軌道修正を迫ります。

露木順一(みどりの風)
原発事故の悲惨さに目を閉ざし、軍事力の増強だけに国を向ける政治は日本の未来を拓けません。
脱原発と平和主義の堅持を車の両輪に安倍政権の目指す日本とは違うもうひとつの日本を創るために全身全霊を賭けて取り組みます。

ツルネンマルティ(民主党)
太陽光・風力・地熱・バイオマス・小水力など再生可能エネルギーで「原発ゼロ社会」を!
重大事故のリスクが低く、エネルギー自給が実現できる再生可能エネルギーは、日本の安全保障にも貢献する。憲法改正の議論は必要。但し、96条の先行改正は、自分たちの都合が良いようにルールを変えるようなもので、断固として反対!

はたの君枝(日本共産党)
皆様が①憲法96条の改定を認めない、②脱原発の姿勢を堅持することを最重要と決められたことに大賛成です。私は、安倍首相がねらう憲法9条改定、国防軍創設と原発の再稼動と輸出にキッパリ反対します。

政治サロン『上原公子講演会』

政治サロン「憲法を考える」と題して元国立市長上原公子氏講演会を開催します。
政治情勢や私たちのスタンスについて考えていきます。
【日程】6月30日(日)14:00~16:00
【場所】川東タウンセンターマロニエ202号室(定員100名)
【資料代】200円
【問い合わせ】080-5484-1634
20130630-01
(画面上でクリックすると大きなポスターになります)

沖縄ピースツアー報告会6月8日

昨日、@あしがら運営委員会が行われました。

5月に開催される沖縄ピースツアーの報告会の予定が決まりましたのでお知らせします。

日時:6月8日(土)14:00
場所:小田原市民会館5階 第1会議室(定員32名)

@あしがらでは、参加者を中心に沖縄の勉強会なども開催し、意識を高め合っております。
スライドショーなども用意する予定なので、沖縄の景色も楽しんで頂きたいと思います。
是非、ご参加下さい。

今回の運営委員会は@あしがら会員から傍聴者3名参加して頂き、賑やかな会となりました。
運営委員のKさんから、前日に農の会で積んだばかりのお茶と、お茶請けに自家製の甘納豆の差し入れです。
傍聴に来て頂いたOさんに美味しく煎れて頂きました。
同じく、傍聴に来て頂いた会員のKさんからもお菓子の差し入れ頂きました。
毎回の運営委員会のお楽しみです。
ありがとうございます。PA0_0048.jpg
PA0_0047.jpg

生と死の祭典

先週の土曜日、東京の東中野にイベントに行ってきました。

福島泰樹×ドリアン助川×月乃光司ジョイント朗読会 inポレポレ坐 ~死と生の祭典~

トークゲストに精神科医の香山リカさん、アーバンギャルドボーカル浜崎容子さん、女優の東ちずるさんなど、層々たるメンバーが集結しました。

主催者の月乃光司さんは地元の新潟で「こわれ者の祭典」として病気の体験をパフォーマンスとして発表しています。
自身のアルコール中毒や引き篭もりや精神科病棟への入院の体験をオリジナルの詩にして絶叫朗読というスタイルで全国各地で活動されています。
いじめや生きづらさ、自殺に悩む人にも共感できる内容で観る人に生きる希望をあたえています。

東ちずるさんは、そんな月乃さんの書いた本に書評を書いたことが縁となり共演に至ったそうです。
自身の父親をアルコール中毒でなくしている東さんからは、月乃さんの存在は希望だと言います。

香山リカさんはメディアでも多く取り上げられる精神科医ですが、月乃さんのイベントには度々共演しています。

他に、個人的に気になった参加者はドリアン助川さんです。
ドリアンさんは私が中学校時代に、深夜ラジオのパーソナリティーをしていました。
「10台の心の叫びをラジオで伝えてくれ」という趣旨の内容に、多くの迷い、悩める若者が勇気づけられました。
一貫して話を聞く大人の姿勢に、私も大きな影響を受けました。

イベントは最初の一時間は全員が、ぞれぞれの死生観について話し合いました。
一人ひとりから違う角度からの意見が飛び交い、有意義な内容でした。

福島さんは東京新聞で「追憶の風景」と題して震災で亡くなられた方を記録しているそうです。
そうすることで、一人ひとりの死の意味に向き合っています。

それに対して香山さんは「そこにすら光の当たらない死があるという事も忘れてはいけない」と発言します。
香山さんの発言は常に陽の当たらない陰の部分に着目している印象を受け、そこに私も共鳴します

また、阪神大震災を経験した浜崎さんは、後悔しない生き方をしたいと発言すれば
東ちずるさんは自身の経験から、悔しい事も、悲しい事も、目一杯噛みしめて、その人の人生は誰と比べることもできないものなんだと勇気づけていました。

ドリアンさんは現在のライフワークでもあるハンセン病の被害者の話に触れれば
東ちずるさんは自身が出逢った白血病の患者の話をし
香山リカさんは亡くなられた患者の話をする

生と死についてリアルな体験と向き合った時間になりました。

お話会の後は出演者の詩の朗読。
そのどれもが生と死をテーマにしたものでありながら、決して暗い印象ばかりではなく、そこに生の希望が見出される内容でした。

現在は人間の生と死の概念が薄くなっているように感じます。

死はただの数字ではありません。死はただの言葉ではありません。

ひとつひとつの生が掛け替えのない存在であることを感じ、認知する必要があると思います。

シムラ シュンスケ

2013年総会&政治サロン終了

先週、3月31日に2013年の総会&政治サロンが開催されました。

総会に出席されなかった会員には後日資料をお送りさせて頂きます。

政治サロンでは南相馬市から市議の平田武氏おお招きしての講演会は現場にいる人間だからこそ話せるリアルな実情を語ってくれました。

福島県内はまだほとんど鉄道が復旧していない状況。
朝の平田氏は朝の7時に家を出て、福島まで車で行ってから新幹線で小田原までお越しになって頂きました。

その日の話の中で一番印象的だったのが、災害現場からの警戒区域の境界線が地域に関係なく直線距離のみで区切られているという事。
隣同士の家であっても一方は補助金で生活できても、一方は補助金が打ち切りとなって未だ生活が困難でも働かざるを得ないという現状がある。
補助金が打ち切りになっている地域であっても、放射線量の測定上は危険地域であることは変わりません。
もちろん、それが逆であっても問題です。
地域ごとの実情を考慮して考えるべきところを、全て地図上の都合だけで割り切られてしまっている。

普段テレビで報道されている話題からは気付けない問題にはっとさせられました。

(しゅんすけ)

ひらたぎいん






 ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。